非常駐型インベントリ収集でIT資産管理 * ワークフロー型就業管理就業管理ASP * 統合型人事・給与

株式会社ニッポンダイナミックシステムズ(NDS)

文字の拡大方法

e-就業 [ワークフロー型就業管理・勤怠管理ツール]

 

コンテンツ

NDSのeシリーズ
e-就業ASP
e-給与+
e-Survey+
e-Delivery+

資料請求
TEL.03-3439-2001

タイムマネジメント

企業の競争力を高める効率的なタイムマネジメントへ
e-就業は、就業管理とタイムマネジメントの両立を強力にサポートします。

使用者の適正な労働時間の把握義務

タイムマネジメントの課題
企業間の競争が激しくなり、ギリギリの利益率でなければ受注が難しくなってきています。その利益を確保するために、必要不可欠なのが原価管理です。しかし、原価管理システムやプロジェクト管理システムを導入するには時間がかかるし、ノウハウも必要です。たとえ構築しても、それら新システムがスタッフの負荷になる危険性もあります。

課題を解決する「e-就業」
e-就業は、スタッフの入力作業負荷を最低限に抑え、原価に直結する作業時間を的確に把握できます。また、社員単位、プロジェクト単位での勤務実績をその場で集計できます。e-就業は大がかりなシステム化なしに、効率的なタイムマネジメントを実現します。

給与システムや原価管理システムとリンク
e-就業は、柔軟なシステム連携機能により、勤怠データを勤務実績データとして、給与システムにダイレクトにリンクできます。また、利益を確保するために不可欠となっている原価管理やプロジェクト管理システムなどへも作業時間データを転送でき、プロジェクトの効率的な「遂行」と「管理」を両立します。
各システムとの連携イメージ

導入事例

【 ソフトハウス 】 人/月管理から稼働時間をベースにした原価管理へ
社員150名のソフトハウスの事例です。社員の労働時間は把握されていましたが、プロジェクト単位や業務単位での管理はできていませんでした。プロジェクト管理システムも検討されましたが「余計な作業が増えるだけ」と見送られていました。しかし、時間が原価に結びつく業界であり、高精度なタイムマネジメントが求められていました。
そうした経緯で「e-就業」を導入いただき、マネージャは、スタッフの作業時間をリアルタイムに確認し、効率的なプロジェクト遂行が可能になっています。

【 サービス 】 コンサルタント会社で、時間と原価をタイムリーに把握
スタッフは総勢で200名を超えるコンサルタント会社の事例です。その代表者がタイムマネジメントの重要性に着目し、選択いただいたのが「e-就業」でした。導入後は顧客企業の売上高と稼働時間をタイムリーに把握することで、課題の抽出がスムーズにできるようになりました。
たとえば「少ない時間で売上を確保している顧客は、満足度に問題があるかもしれない」、「時間がかかっているわりには売上が少ない企業は、効率的な業務の遂行ができていない可能性がある」など。入力業務の成果をフィードバックすることで、システム化への抵抗を減らすことに成功しています。
資料請求・お問い合わせについて
資料請求フォームへ お問い合わせフォームへ
dホームs環境方針セキュリティポリシーs個人情報保護についてsリンクsサイトマップsIT資産管理・ライセンス管理 e-Survey+se-就業ASPse-就業se-給与se-Delivery+ ページの先頭へ
Copyright © 2000-2007. NIPPON DYNAMIC SYSTEMS CO.,LTD. All Rights Reserved.