教育体制

SEの成長にとって最も重要なキーワードは「自ら」です。私達の仕事は常に新しい価値を生み出すクリエイティブなものです。IT業界の進化は日進月歩。「自ら学んで行く」という姿勢が成長への必要条件です。
当社では、社員各自が「自ら」目的意識を持って、それに主体的に取り組んでいくことを人材育成の基本方針として、OJSD(On theJob Self Development)という社内用語を作り全員で共有しています。
先輩社員は後輩に対して「OJT」として臨みますが、自身のスタンスはあくまで「OJSD」。先輩に牽引されなくても、自らが持つエンジンで走ること。これが、社員の成長=会社の成長、と考えるNDSの基本コンセプトです。社員各自のキャリアデザインの中で、本人の意思を尊重しながら、中長期のスパンで到達目標を上司と共有し、本人の課題への挑戦と周囲のフォローにより、SEとしての成長を図っていきます。

OJSDをサポートするのが、各種研修制度。レベルに応じた階層別・技術分野別研修や技術交流会等の社内研修から、社外セミナーや通信教育、資格取得など、充実したメニューで自己成長をバックアップします。
そのメニューをどのように活用するかは、本人次第です。「手を上げた者が得をする」これが受
け身からの脱却と、常に新しい世界に挑戦しようとする技術者スピリットを刺激します。

新人研修