ニッポンダイナミックシステムズでは、学生の就業体験の場として毎年10日間のインターンシップ実習を行っています。

このページでは実習内容や参加者の感想などをご紹介いたします。

実習期間 10日間
目的 ・企業で働くイメージの確認

・SEはどのように仕事をしているかを知る

・学生と社会人との違いを体験する

2週間のスケジュールは以下のとおりです。システム開発部門での体験実習をメインに行いますが、毎日30分間の朝礼と夕礼を通してビジネススキル、ビジネスマインドについて体験しながら身に着けます

日程 内容
1日目 インターンシップ概要説明

各種ガイダンス、PCセットアップ
2日目 IT業界の話(社長)

課題①「製品企画」:説明、準備
3日目 課題実習(グループに分かれて実習)
4日目 課題実習(グループに分かれて実習)
5日目 課題実習/企画書レビュー/座談会
日程 内容
6日目 要求開発講座/企画書の見直し

課題②「試作品製造」:説明、準備
7日目 課題実習(グループに分かれて実習)
8日目 課題実習(グループに分かれて実習)

試作品レビュー
9日目 報告会プレゼン資料作成
10日目 成果報告会準備、資料見直し、リハーサル

インターンシップ成果報告会

■第1週目

お客様からの要望もとに、企画提案を行う実習です。

ゴール決めて、情報収集から企画書の作成、提案までを実務レベルで行います。

■第2週目

1週目で企画した内容を実装します。

短い期間なので全てを行うことはできませんが、十分やりがいを感じる実習です。

最終日には社員を前にプレゼンも行い、SE達や営業マンから様々な意見をもらいます。

■朝礼・夕礼

毎日30分間行います。

3分スピーチを中心にビジネススキル・ビジネスマインドを学びます。

2016年度 e-就業に+1の機能企画と試作品製造
2015年度 シニア向けポータルサイト企画及び試作品製造
2014年度 大学向けデジタルサイネージ用コンテンツ企画製造
2013年度 e-就業をスマホ対応させる企画製造
2012年度 スケジュール管理アプリの企画製造

実際に社会人の方と触れ、時間管理や進捗の把握、細部までの詰めなど学生との歴然とした差を知ることができて良かった。

仕方のないことですが「残業ができない」ことが残念に思えるほど充実した2週間でした。

企画・製造という貴重な体験ができてよかった。

その他、3分間スピーチでの発表や初対面の人たちとチームを組んで作業することを通して、技術面以外でも学ぶことが多く勉強になった。

システムエンジニアの仕事を体験し、課題を完成させた時の達成感を得られたことがとてもよかったです。

このインターンシップを通して、プロジェクトを進めるときに問題点をグループで話し合ったり、社員の方たちの前で成果報告を発表したりと様々な経験をしたことで、自信がもてるようになりました。また、就職活動に関しても色々と貴重なお話を聞かせていただき、前向きに考えられるきっかけとなりました。

短期間でしたが、グループ内での報告・連絡・相談の大切さや、仕事を分担すること、グループメンバーとのコミュニケーションの難しさを感じることができたことがとても良い経験となった。

課題に対し、メンバー同士でミーティングを行いながら実習するという機会を与えてもらったことが良かった。朝礼夕礼やプレゼンテーションの場を使って大学ではなかなか経験できない人前で話をするという機会がよい経験となりりました。

3分間スピーチでは、人前で話をすることが苦手だった自分にとって、何度か経験するうちにだんだんと喋れるようになったことが一番の収穫でした。

10日間のインターンシップを通して、SEという仕事のやりがいと面白さを体験することや、就職活動や社会人として活かせる体験を企画しています。

実習内容は毎年悩みますが、社員の協力を得ながら参加者全員が充実した実習になるように努めています。 学生の皆さんは初めて訪れる企業ということで、初日は行動や発言が控え目に見えていますが、日が経つ毎に仲間意識も生まれ、積極的な発言や行動が増え真剣に実習に取り組んでくれている様子が伺えます。朝夕の3分間スピーチでは、日ごとに変化し成長を感じることができます。

最終日には学生も社員も関わった全員で打ち上げを行い、本音ベースで話し合います。

終了後に届くお手紙の中には、「さらにこの世界に興味をもった」「社会に出る前に貴重な体験ができた」などと書いてありました。私たちの想いがしっかり伝わっていることに安心しました。

参加してくれた皆さんに感謝すると共に、今後の就職活動に活かせることを願っています。