Skip to content(本文へジャンプ)

MESSAGE 社長メッセージ

いつの時代も、社会に必要とされる
存在であり続けるために。

代表取締役社長 平山武司

ニッポンダイナミックシステムズ(NDS)の採用サイトをご覧いただき、ありがとうございます。

NDS は2019年に、創業50周年を迎えました。「50年」というのは我々の誇りであり、一つの大きな節目ではありますが、1つの通過点に過ぎないとも言えます。

50年間という長い期間に亘って、お客様の信頼を勝ち得ながら生き残ることができたからこそ、これからも踏襲していくべき姿があります。それは、「いつの時代も、つねに社会に必要とされる存在であり続ける」ということ。それさえブレなければ、100周年だって迎えられると確信しています。

さて、具体的にどうすれば、社会に必要とされる存在であり続けられるのでしょうか。私は、社会が将来必要とするものを前もって準備しておくことに尽きると考えています。成り行きに任せていては滅びしかありませんから、変化に対して「自ら」能動的なアクションを取る、ということです。

また、重要となるのは、何を準備するべきかです。その答えは現場の最前線にあります。だからこそ私たちは第一線にいる社員たちの「自ら」に期待しているのです。時には、そうした準備が無駄になってしまうこともあるかもしれませんが、「自ら」動かなければそもそも何も起きないのですから、その価値は決して揺るぎません。新入社員は新入社員なりに、中堅は中堅なりに、ベテランはベテランなりに考え抜き、動いた「自ら」こそが NDS という会社のコアコンピタンスとなっているのです。私自身、そういう組織を作り上げてきたという自負があります。

これが NDS が社員一人ひとりの「自ら」への支援と投資を一切惜しまない理由です。一方で、この「自ら」というカルチャーは、どこかからいちいち指示が飛ぶわけではないので、何も考えずに受け身でいるうちは、何も成果を残せないということでもあります。「自ら」が尊ばれるということは自由で裁量がある反面、自らの足で立ち、自らを律することができない人にとっては、却って厳しい環境かもしれません。私自身、「経験と慣れにあぐらをかくな」と自ら戒め、また社員にも常にそのような話をしてきました。

目指すのは「歌って踊れるエンジニア」です。もちろん、歌ったり踊ったりは比喩ですが、寡黙にタスクをこなすだけではなく、自分をきちんと表現できる者が必要とされるということ。今の社会では「不言実行」はもはや美徳ではありません。今は「自ら」発信しながら周りを巻き込み、成果を出すことが求められているのです。

もしもあなたの心にこの「自ら」というメッセージが届いたならば、ぜひ、あなたのやりたいこと、あなたのなりたい姿を全部ぶつけてください。そして、それを NDS で「有言実行」していただけることを楽しみにしています。