動画で学ぶ 要求開発入門!
Comming soon!


要求開発のスローガン

要求はそこにあるものではなく、開発するものである。

要求開発は、経営と情報システムをつなぐ、事業価値創出の基盤です。

情報システムやICTの目的は企業を、事業を、ビジネスを強力にバックアップし成長を後押しすることです。 情報システムを構築する際、その背景には多くの人の思い、経営戦略の変化、明日のビジョンが潜んでいます。 NDSの要求開発は、情報システムに関わるさまざまな立場の方の声をお聞きし、ビジネス課題、事業戦略、ワークフロー、明日の御社のビジネス価値などを見える化するとともに、ビジネス戦略に直結した新たな情報システムの姿をお客様と一体となって創出していく取り組みです。

要求開発導入のメリット

  • 企業価値の見える化
  • ビジネス戦略直結のITシステムを創案
  • ITシステムの価値を見える化
  • 事業改革・業務効率化・コスト削減
  • 「使われないシステム」を作らない

要求開発は声を聞く・みんなで話し合う

・ ステークホルダー
・ 経営層
・ 情報システム担当
・ 業務担当

要求開発は背景を探る

・ 経営ビジョン
・ ビジネス環境の変化
・ コスト削減
・ 意思決定の迅速化など

要求開発は見える化する

・ 事業の課題
・ 新たな事業価値
・ 新たなビジネスフロー
・ 新たな情報システム

弊社では、要求開発方法論を学ぶための教育を用意しております。まずはお気軽にお問い合わせください。

要求開発教育コース


要求開発の推進手法例

1.コタツモデル

さまざまな意見にとらわれ、それらを体系化できないため、ムダが多く、一貫性のないシステムができあがるケースがあります。要求開発では情報システムに関わる主要な関係者をメンバーとし、要求の開発を戦略的に進めます。つまりコタツモデルとは、企業・事業・業務の明日の姿を全員参加で模索するスタイルのことです。

2.見える化・モデリング

視点も立場も異なるプロジェクトメンバーが共通認識を得られるように、さまざまな手法で見える化(問題の視覚化・ビジネスモデリング)を行います。共通認識を持つことにより、目的やゴールが可視化され、大量のドキュメントをつくる時間や手間を省くことができます。

お知らせ

2017/6/7

お知らせ

要求開発Video Vol-3 要求分析とは?
要求開発の紹介Video Vol-3 要求分析とは? を公開しました。(前回の公開から時間がかかってしまい申し訳ございません...)
要求分析は要求開発の中でも中核を成す大切なプロセスです。今回の動画では要求分析の際に意識すべき観点として、Howの手探りとHowからの突き上げについて解説しております。要求分析で悩んだ時に、この二つの観点を意識していただけると、突破口になるのではないかと思います。
トップページにございますので、是非ご覧ください!

2017/5/31

お知らせ

2017年度 教育講座のご案内
2017年度の要求開発教育講座のスケジュールを更新しました。サービス⇒教育セミナーのページよりご確認ください。
iTAP事業は今年も行います!現在第一期の受講申込受付中です。要求開発入門講座は7/6~7/7の二日間、若手プログラマー向けマインド研修は7/14の一日間で開催します。沖縄県在住のITエンジニア様、奮ってご参加ください!
昨年度より始まった若手プログラマー向けマインド研修は、参加者の皆さまから非常に高い評価を得ており、大手SIer様からも注目されております。ぜひ、ご活用ください。
東京地区では例年通り(株)アイ・ラーニング様を通じてED040とED910と言う形で教育コースをご提供しております。もちろん、オンサイトによる一社研修も賜っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

2016/12/8

お知らせ

2016年度 iTAP教育講座 第三期 のご案内
2016年度の要求開発教育講座のスケジュールを更新しました。サービス⇒教育セミナーのページよりご確認ください。
iTAP事業は第二期分の開催が終了し、現在第三期の受講申込受付中です。要求開発入門講座は2/16~2/17の二日間、若手プログラマー向けマインド研修は1/20の一日間で開催します。沖縄県在住のITエンジニア様、奮ってご参加ください!
今年度より始まった若手プログラマー向けマインド研修は、参加者の皆さまから非常に高い評価を得ております。マインド(意識)の形成は、極力若い内に行った方が効果が有ります。1~3年目の若手エンジニアの皆さま! ぜひ、ご検討ください。  

2016/12/8

お知らせ

2016年度 iTAP教育講座 第二期 のご案内
第二期の開催は、主催者都合により中止させていただきました。

2016/5/12

お知らせ

2016年度 要求開発教育講座のご案内
長らくお待たせしておりましたが、2016年度の要求開発教育講座のスケジュールを登録しました。サービス⇒教育セミナーのページよりご確認ください。
昨年度より開催しておりますiTAP事業では、若手プログラマーを対象とした優秀なプログラマーを目指す 若手プログラマー向けマインド研修を新たに新設しました。要求開発の技・人・心のエッセンスを盛り込んだ実践に役立つ研修となっておりますので、この機会にご検討ください。沖縄県以外でもご要望に応じて、オンサイトでの実施も可能です。詳細はお問合せページよりお問い合わせください。

2016/1/12

お知らせ

iTAP講座 第3期のご案内
公益社団法人 沖縄県情報産業協会(IIA)が運営するiTAP(ITアドバンスドプロフェッショナル事業)に、弊社の要求開発講座を登録中です。2016/2/25~2016/2/26の二日間に渡り講座開催予定です。
沖縄県の企業に勤めるITベンダーの方にオススメの講座となっております。まだお席に余裕がありますので、この機会にどうぞご受講ください。
次年度以降も継続して登録する予定ですので、お見逃し無く!
なお、本講座は最少催行人数に満たない場合、開催中止とさせていただく場合があります。予めご了承願います。

2015/11/2

お知らせ

九州P2Mセミナー 講演決定!
来る2015/12/12、福岡市電気ビル本館にて、九州P2Mセミナー(PMAJ主催)が開催されます。
2セッション目の招待講演では弊社浅利が登壇し、要求開発のセッションを行うことになりました。九州近郊の方、奮ってご参加ください。
2015/12/12(土) 14:45~15:45 今すぐ使える要求開発テクニック ~方法論からつまみ食いで、簡単活用を目指す~
九州P2Mセミナー2015

2015/11/2

お知らせ

POWER UP ソリューションフェア2015(UOS関東支部主催)  (11/27開催)
POWER UP ソリューションフェア2015に、弊社の要求開発サービスと就業管理ASPサービスの「e-就業」を出展いたします。
また、11:15~11:45に、4-1会場にて弊社浅利が登壇し、「要求開発の活用事例と効果」のご紹介を致します。さらにブースでは豪華賞品が当たる、スタンプラリーも開催しております。
皆様のご来場、心よりお待ちしております。 内容詳細・参加お申込はこちらからどうぞ。
お申込時、「紹介会社名」で「(株)ニッポンダイナミックシステムズ」をご選択してください。

2015/11/2

お知らせ

第26回 iSUC福岡大会 の御礼
2015/10/14~2015/10/16 福岡国際会議場で開催されました第26回 iSUC福岡大会には、全国から約1,100名の方がご参加されました。
弊社浅利のセッションにも多くの方にご来場いただき、ありがとうございます。
三日目のワークショップでは、参加者同士でディスカッションを行い、未来のiSUCに必要な要求を導き出しました。当日の成果物は、iSUC実行委員宛に提出させていただきましたこと、ご報告させていただきます。
来年は、新潟朱鷺メッセでの開催です。来年も皆様とお会い出来ることを楽しみにしております。

2015/8/31

お知らせ

第26回 iSUC福岡大会 講演決定!
今年もiSUCの季節が近づいてきました。今大会では昨年のBRONZEスピーカーの浅利が2セッションに登壇!
10/15(木) 15:00~16:00  要求開発方法論をシステム開発プロジェクトに適用した場合の効果・有用性について
10/16(金) 9:30~11:00  ~未来のiSUCを創り出す~要求分析実践入門講座
今大会のテーマは「創」。ITビジネスの神髄は価値を創り出し、要求をデザインすること。今大会の2つのセッションでは、この価値創造活動がプロジェクトに与えた効果や、実際の価値創造プロセスを体験していただくワークショップをご提供いたします。奮ってご参加ください!
10/14のオープニングでの表彰式もお見逃し無く!
第26会 iSUC福岡大会

2015/8/31

お知らせ

PMAJ PMシンポジウム2015
2015/9/3(木) PMシンポジウム2015にて、要求開発サービスのブース出展を行います。
ご来場の皆様、ご休憩がてら弊社ブースへ、どうぞお立ち寄りください。
PMシンポジウム2015

2015/5/27

お知らせ

LANSA Japan共催セミナー ~モダナイゼーション~
2015/7/7(火) LANSA Japan様との共催セミナーを開催いたします。
「スクラップ&ビルドの時代じゃない! モダナイゼーションの時代!」セミナー
スクラップ&ビルドはもう旧い! 様々な環境変化に合わせてシステムを柔軟に成長・進化させるモダナイゼーション。モダナイゼーションの概念・やり方・そのためのツールなど、具体的な実践方法を解説します。
参加登録はこちらからお願いします。(LANSA Japan様申込サイト)

お問い合わせ

ページの先頭へ