機能紹介

豊富な機能がインターネット環境のみで利用できます。

その他 e-就業の豊富な機能

ニューノーマル時代の働き方を支援する
勤怠管理システム

回数カウント機能 在宅勤務の回数を数える

テレワークやシェアオフィスなど会社以外で働いた日をカウントします。

客観的記録の取得と乖離チェック機能

2019年4月に施行された『客観的記録の取得義務化』に対し、e-就業では様々な方法で打刻時刻の取得が可能です。タイムレコーダやスマートフォン、またPCログオン・ログオフデータ収集ツール「ez-PCLogger」と連携すれば、客観的記録として出退勤を管理し、さらに自己申告時刻との乖離チェックも可能です。

e-就業は厚労省のガイドラインで定められた記録方法に対応しています

自己申告した労働時間との乖離をチェックすることができます

さまざまな角度からの集計機能

2019年4月に施行された『残業上限規制義務化』に対し、eー就業ASPでは、月100時間/年720時間/複数月平均80時間を管理・集計し、Web画面にて残業状況を一覧表示することができます。これにより、働き過ぎの社員をリアルタイムに管理・把握でき、法的リスクを回避できる効果が望めます。

e-就業は働き過ぎの従業員を把握することができます

eー就業の導入により労働基準法が定める上限時間での管理が可能となり、法的リスクを回避する効果が望めます。

月100時間/年720時間/複数月平均80時間に対し、近付いた場合や超えた場合には、報告者本人・承認者・管理者宛てにアラートメールを送信できます。

有休取得状況の編集機能

2019年4月に施行され『年次有給休暇5日の確実な取得』に対し、eー就業では、社員の年休取得状況をWeb画面で一覧表示することができます。これにより上長・社員本人が取得状況の確認ができ、年休の計画付与及び取得に繋げられます。

e-就業は有休取得の状況把握がより確実にできます

年次有給休暇の取得日数が5日未満となっている従業員に対しては、基準日から一定期間が経過したタイミングで、報告者本人・承認者・管理者宛てに督促メールを送信できるようになります。 年次有給休暇の取得を促すメールが自動的に配信されることで、5日取得義務化への対策を負担なく効果的に進めることができます。

勤務間インターバル制度対応

インターバル時間を守れず勤務を開始したときに警告メッセージを表示します。また、当日退勤時に翌日の出勤可能時刻を案内します。

就業実績ピックアップ機能

e-就業で報告された就業実績を活用し、メンタルヘルス対策や活き活きとした職場づくり、さらには生産性向上へ

残業過多の条件(例えば45時間以上・60時間以上・100時間以上など)に 該当する社員と月度をピックアップ!

休暇取得の条件(例えば連続して3日以上など)に該当する社員をピックアップ!

勤務日報と工数管理
を一元化

工数・経費データをいつでも参照できるのでプロジェクトのコスト管理が容易になり、
経営判断のスピードアップが実現します。

プロジェクト工数実績管理
※この機能はオプションになります

日報報告画面で、勤務報告と同時にプロジェクト(仕事)別・作業内容別に工数の入力が行えます。従業員各々が『どんな作業』に『どのくらいの時間』従事していたか把握することが可能です。

○ プロジェクト(仕事)・作業内容毎に経費入力を行い、集計値を随時閲覧可能。

○ 集計された工数及び経費データをCSV出力し、原価管理システムやプロジェクト管理システムで活用。短期間でのコストや原価の把握が可能。

利用者が自由に「日本語/英語」を切替えられる

英語表示切替機能
※この機能はオプションになります

外資系の企業様でもお使い頂ける、英語表示への切替えが可能です。 ログイン画面で「ENGLISH」をクリックすると、 英語画面へ切替わりますので、 報告者が自由に「日本語」「英語」の切替えをすることが出来ます。
※英語版製品紹介資料もございます。

運用に合わせて選べる
豊富な入力形態

スマートフォン、パソコン、ICカード(FeliCa・Mifare)、タイムレコーダ、など豊富な入力形態をご用意しています。入力形態の併用も可能ですので、お客様の運用に合わせてお選びいただけます。

  • WEB
  • PaSoRi
  • タイムレコーダー
  • スマートフォン
  • 手のひら静脈認証
  • 入退室データの取込
  • PCログオン・ログオフデータの取込

PCログオン/ログオフ連携

ツール「ez-PCLogger」を利用して、PCのログオン・ログオフを収集し、そのデータを就業時刻として読み込みます。
ツールのみの販売もございます。

導入企業イメージ
  • システム開発など、PCを常に利用している企業
  • サービス残業を防止・改善したい企業

ALLIGATEと連携。
解錠時間が出勤・退勤記録として同期

「ALLIGATE(アリゲイト)」利用者の扉などの施錠・解錠と連動して、e-就業ASPの勤怠管理への反映も同時に行うことが可能です。 外出など、何度も出入りが発生しても、その人が最初に照合・解錠した時間を「出勤」、最後の照合・解錠を「退勤」として記録します。


※ALLIGATE(アリゲイト)は、扉の鍵などの利用権の付与・抹消、利用履歴の確認などのアクセスコントロールに必要な機能を共通化したクラウド型プラットフォームです。スマホが物理鍵の代わりの照合機となり、スマホを使っていつでもどこからでもアクセスコントロールができます。また、機器の取り付けや運用後の現地での保守サポートも併せ持ったマネージド型プラットフォームです。

株式会社アートが運営する「ALLIGATE(アリゲイト)」の詳細については以下のWebサイトをご覧ください。
https://alligate.me/

その他 e-就業の豊富な機能

勤務形態

・固定勤務、フレックス勤務、フルフレックス、時給勤務、時短勤務等、月間変形労働、勤務区分を100種類以上設定可能です。

時間外管理機能

ワークフロー機能

・日報・月報・休暇・休日出勤・残業など、各種届出に対応しており、フォーマットも自由に作成できます。
・承認階層は最大4階層まで、組織や運用に合わせて柔軟に設定可能です。

休暇管理機能

・有給休暇においては1⽇・半⽇・時間単位に自動付与・残数管理が可能です。 また、有給休暇自動付与機能では、付与タイミング
(全社一斉・個別)を就業規則に合わせて設定でき、 特別休暇の取得期限・残管理も5種類まで対応できます。
・代休・振休の管理も可能で、その発生及び取得条件の設定や有効期限の管理もできます。
・有給休暇の期限切れ⽇数を別枠で保持・管理する積立休暇(プール休暇)管理も可能です。

メール通知機能

・日報・月報・各種届出申請時には、承認者に対して申請内容を、決裁時には申請者に対して承認結果をメールで通知することが可能です。
・代休・振休の管理も可能で、その発生及び取得条件の設定や有効期限の管理もできます。
・残業の基準値に近づいた場合や超えた場合には、画面上にアラート表示もします。更に、本人・承認者・管理者へ警告メールを送信するので、タイムリーな残業時間コントロールが可能となります。打刻忘れなど、日報の報告漏れがあった場合も督促メールとして本人・承認者へ通知いたします。

コンプライアンス対応

・リアルタイムに勤務実績を集計し、従業員の勤務状況をいつでも把握可能です。
・3段階のアラート機能で、従業員本人や上司へ残業オーバーをアラート表示&メール通知する事が可能です(残業警告機能)。
また、36協定チェック機能により協定に準じた集計もでき、基準値と累計値のチェックが可能です。健康障害防止に効果を発揮します。
・過去データは法定保存年限を含む5年間を閲覧保証しています。

利用権限設定

・代理入力、代理承認の権限を設定することが可能です。また『閲覧のみ』や『更新可』など、メニュー単位に管理者機能の権限設定が個⼈毎にできます。

CSVダウンロード機能

・勤怠データは任意のレイアウトのCSV形式でダウンロードすることが可能です。
月次データ、日次データ、仕事別データ、交通費データ、届出データ、代理データ、就業マスター、日次届出、仕事マスターなど。
・CSVデータを任意のレイアウトに設定できるので、お使いの給与ソフトとも簡単に連携できます。
弥生給与 給与奉行 PCA給与 給料王 JDL IBEX OBiC7 Socia Salary ※その他給与ソフトとも対応可能

帳票(pdf)出力機能

・各種帳票をPDF形式でダウンロードする事が可能です。
月間スケジュール一覧、就業月報、月次データ一覧、残業一覧、仕事番号別一覧、年間勤務台帳、有給休暇取得状況、不就労一覧、休暇状況一覧など。